top of page
八軒内科ファミリークリニック (11)_edited_edited.jpg

スタッフインタビュー

管理者 Kさん

管理者Kさん
スタッフインタビュー1

業務内容を教えてください

管理業務(事業運営、経理、契約関係、営業など)と訪問看護業務(主治医からの指示のもと、病状・障害の状態観察と処置、入浴、清拭、洗髪など身体の清潔保持、体位変換(床ずれなどの処置・予防)、食事に関する介助指導、排泄に関する介助指導、療養上の医療機器、カテーテル等の管理、機能回復・維持訓練(リハビリテーション)、ご家族に対する介護指導、相談、ターミナルケア、緩和ケアなど多岐に渡ります。多職種連携も大切な業務となっています。)

一日のスケジュール

1日に行う訪問件数は0~5件です。1件当たりの訪問時間は30分~90分で、60分が一番多いです。 8:35からテレビ電話でクリニックを含めた朝礼があります。その後、当日のスケジュールや連絡事項の確認を行います。概ね9時頃に訪問に出発します。午前0~2件、午後0~3件程度です。17:30業務終了です。お昼休憩は訪問の状況によってですが、ステーションに戻ってご飯を食べることが多いです。訪問がない時は、管理業務全般、ステーションの環境整備、受け持ち患者の報告書・計画書の作成、マニュアル整備、自己研鑽のための時間に使っています。

この職業を選んだキッカケ

看護師になったきっかけは、母親が元看護師であったり、祖母が元看護助手であったりと医療に触れる機会があったことと、生きている上で周囲に少しでも良い影響を与えられる職業に就きたいと思ったからです。新卒時は、大学病院で外科、救急と経験しました。この時から、退院後の生活をイメージした看護が重要であると実感していました。その後、看護大学の教員となり、エンドオブライフケアについて学生に伝えているうちに、自分自身もやはり看護をしたいと思い現場に戻りました。また、ホームホスピスの講演に参加し、介護・看護の力、場の力に魅せられ、在宅医療・訪問看護の世界に進みました。

スタッフインタビュー2
スタッフインタビュー3

この会社で働きたいと思ったキッカケ

理事長と将来の展望(誰もが安心して過ごせる施設、ホームホスピスのような存在)が同じだったことが一番です。立ち上げから関われるということで、やりがいもあると感じたからです。また、同法人内にクリニックがあり、連携がスムーズなことも一つです。そして、スタッフには認知症看護認定看護師、がん看護専門看護師を迎えることができ、専門性の高い看護を提供できる環境、学べる環境が整っていることも一つです。

実際に入社して職場の雰囲気はどうですか?

開設間もなく、スタッフと和気あいあいとした雰囲気で試行錯誤しながら作り上げています。忙しいく大変なことも多いですが、ステーションでは笑い声、笑顔があふれています。訪問は忙しい反面、ステーション内はまったりとした空気が流れています。

この仕事のやりがい

一人ひとりの患者さんと、じっくりと向き合えることができ、人生の一部に関わらせていただけることがとてもやりがいです。患者さんの人生背景に触れることができ、看護師としてはもちろんのこと、人としても成長できるところに魅力があります。自分自身を必要とされているという実感が得られるところもやりがいです。

今後の目標

地域に根差した訪問看護ステーションとして、開かれたステーションにしていきたいと思っています。また、サテライトステーションなども視野に入れ、さらに広い範囲をカバーできるステーションを目指したいです。

スタッフインタビュー4
スタッフインタビュー5

スタッフ Hさん

スタッフHさん
スタッフインタビュー6

業務内容を教えて下さい

主治医からの指示に従い、利用者の健康状態のチェックや療養指導、介護している家族に対するサポート、点滴や採血、褥瘡処置などの医療処置、内服の飲み忘れを防ぐ服薬管理、疼痛コントロールなどの緩和ケア、在宅でのリハビリテーションなど、利用者や家族だけでは在宅療養生活に対し不安が伴います。訪問看護師は専門的な知識に基づいて、利用者や家族が住み慣れた家で在宅療養生活を送るための「安心」を提供することが業務内容の基本だと思います。

一日のスケジュール

自分の場合は1日に行う訪問件数は4~6件です(同じ施設内で複数の利用者を訪問した時は多くなります)。1件当たりの訪問時間は30分~90分で、60分が一番多いです。 8:35からモバイル端末を使ったクリニックを含めた朝礼があります。その後、訪問に出掛けます。午前2件、午後2~3件程度です。17:30業務終了です。お昼休憩は訪問の状況によってですが、車の中やステーションに戻ってご飯を食べています。訪問がない時は、報告書の作成、利用者個人に合わせた物品の作成、マニュアル整備、自己研鑽のための時間に使っています。

この職業を選んだキッカケ

認知症看護認定看護師の資格取得後も病院で勤務していました。医療と介護が必要な高齢者が自宅退院できない理由は沢山あるのですが、ご家族が「認知症の人を自宅で看ていくには不安がある」という意見が多くありました。認知症そのものや認知症の人に対する偏見や誤解が間違った対応につながっていると感じていたので、病気や障害があっても住み慣れた家で暮らしていくためのに必要な「安心」を提供できる看護師になりたいと思い、訪問看護の道に進みました。

スタッフインタビュー7

この会社で働きたいと思ったキッカケ

一つはクリニックとの連携がスムーズなので、働く中でストレスが少ないことです。 もう一つは専門性の高い仲間がいることです。お互い補いながら働ける環境はストレス軽減につながっています。

実際に入社して職場の雰囲気はどうですか?

開設間もないステーションなので、みんなで作り上げているという感じです。なので、助け合う雰囲気がある職場だと感じています。それと、穏やかな雰囲気があります。

この仕事のやりがい

認知症のため継続した訪問が出来ない状況にあると依頼を受けることがあります。無理強いせず時間をかけて認知症の人の不安や生活上の困りごとに対して傾聴や寄り添う看護を提供して継続した訪問が出来るようになったときは本当に嬉しいです。

今後の目標

仲間と力を合わせて、認知症そのものや認知症の人に対する偏見や誤解が原因で、社会的孤立状態にある人を一人でも少なくしたいです。やりがいをもって働ける環境を作りながら、ここで働く仲間を増やしていきたいです。

スタッフインタビュー8
スタッフインタビュー9

スタッフ Mさん

スタッフMさん
スタッフインタビュー10
スタッフインタビュー11

業務内容を教えて下さい

訪問看護ステーションでは、主治医の指示に基づき訪問看護業務を行っています。がん看護専門看護師として、八軒内科ファミリークリニックにも所属しておりますので、がん患者さんの症状緩和におけるコンサルテーションも行っております。

一日のスケジュール

1日の訪問件数は1〜6件です。がんの患者さんの対応が中心なので、患者さんの状態に応じて訪問件数が変動し、状態によっては日に複数回訪問することもあります。訪問枠が空いている時は、他スタッフの休日時の代行として、他患に訪問することもあります。一件あたりの訪問時間は30〜90分と幅があり、状態が安定している方の場合は30分訪問もまれにありますが、がん患者さんは身体状態が安定していても精神的に不安定だったり、色々な心配を抱えて暮らしていることが多いので、相談支援の時間も取ることが多く、60分の訪問が中心です。

この職業を選んだキッカケ

中学の時、進路を考えるにあたり、まず図書室の本を端から端まで読もうと決めました。その時にキューブラーロスの『死ぬ瞬間』を読み、内容にとても共感したことをきっかけに“緩和ケア”の看護師を目指しました。看護師になってからも緩和ケアに進むべく、大学病院で基礎固め、救急・集中治療室で急変や重症者対応を学び、その後緩和ケアに進みました。以後、内容に強弱はあれど緩和ケアの現場に身を置かせていただき精進の日々です。

この会社で働きたいと思ったキッカケ

院長より、がん患者のニーズに応えるためのサポートをしてほしいとお声がけがあったことと、元々ホームホスピスに興味を持っていたので、院長の今後の構想とリンクするものがあったため。

実際に入社して職場の雰囲気はどうですか?

一言で言えば自由で穏やか。男性の割合が多いので、集中力が高く黙々と仕事を進める時間もあったりと、男勝りな自分には嬉しい空気感です。しかし、ダンマリで、無意識的にコミュニケーション不足とならないよう、時々話が弾むように話かけています。あと、おやつがすぐ無くなります。

この仕事のやりがい

最期は自宅で過ごしたい、という願いを叶えるためのお手伝いをさせていただけることと 痛みや辛さが取れた時に、無表情だった患者さんや不安で表情がこわばっていた家族が、ほっこり笑顔になるときは、やっててよかったと思います

今後の目標

病院・施設・在宅など、場所はどこであっても、患者さんが望む人生の最期を過ごせるように、医療・看護・介護・福祉・地域の人々が一体となったエンドオブライフケアの体制づくりをしていくこと。 その一つとして、緩和ケアに強い施設が作れるとよいと思います。

スタッフインタビュー12
bottom of page